臨床薬剤師 薬剤師の資格.com

スポンサードリンク

臨床薬剤師

臨床薬剤師とは、そもそもは米国で発祥したものです。米国における Clinical pharmacist に相当するのが臨床薬剤師と考えることが出来、チーム医療の一翼を担うコ・メディカルのひとつといえます。



わが国の臨床薬剤師は、一般的な病院では、調剤の他に入院患者に対して服薬指導をしたり、カルテを読んで副作用が起こっていないかチェックしたりします。これまでの調剤や薬品管理業務に加えてさらに医療に深く関与することで、臨床的知識を必要とされています。



米国の臨床薬剤師は、薬学部を卒業した後、実際に腫瘍、感染症、老年医療、小児医療等々の研修を数年間受けることによって、臨床の知識と経験を身につけることができます。



医療は、高度化・複雑化していることで、以前は医師のみが行っていた業務の細分化・分業化が進むことで、臨床検査技師や、臨床工学技士などが欠かせません。同様に、臨床薬剤師においては、高度な専門性の追究と日々の自己研鑽を重ね、有機的に連携しチーム医療を実現することが求められます。



米国薬剤師会では、さらに、pharmaceutical care(ファーマシューティカルケア)という概念が提唱され、臨床薬剤師が医師の同僚として患者に対して直接的なケアを行うことを求めています。
タグ:臨床薬剤師

スポンサードリンク






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。