薬剤師の将来性 薬剤師の資格.com

スポンサードリンク

薬剤師の将来性

薬剤師は、1874年に制定された医制の頃から理想とされた医薬分業が成立しつつあり、薬剤師の受験資格も欧米並みの6年生の大学の卒業を要件とするなど、その社会的地位の向上は大きなものがあります。


薬剤師本来の医師の投薬に対するチェック機能だけではなく、積極的に投薬に関与するべく、専門薬剤師の制度も、がん専門薬剤師、感染制御専門薬剤師、精神科専門薬剤師の認定を始めて、次の専門領域として、HIV専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師などの認定のための準備に入っています。


100年を超えて医薬分業の制度が確立されつつある今、薬剤師を目指すことは、意義深いことだと思います。それだけに、これから後に続く後輩のためにも、その役割は大きいといえます。


薬剤師は、もちろん、医師の場合と同じように、最先端の医療に携わるか、町医者のように、地域医療に関心をもつかは、個人の信念の問題です。


しかし、それを選択できる環境が出来つつあることはすばらしいことです。従来の一般薬剤師に始まり認定薬剤師、そして、専門薬剤師へとステップアップする道が出来つつあることに、やりがいを見出す人もあるのではないでしょうか?


これまでは、日本の医療制度は医師偏重でした。しかし、ようやく、医療の大切な制度の医薬分業を確立し、薬剤師として、それを担う人材の育成をするべく国が動いているんです。目先不透明なところはありますが、そういう点では、薬剤師の将来性は期待できるといえます。
タグ:薬剤師

スポンサードリンク






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。