薬剤師の問題点 薬剤師の資格.com

スポンサードリンク

薬剤師の問題点

薬剤師は、処方箋による調剤を行う「薬局」のみならず、調剤を行わず一般用医薬品のみを販売する「一般販売業」においても、その営業時間内は店舗に配置されなければならないことを薬事法及び「薬局及び一般販売業の薬剤師の員数を定める省令」によって義務付けられていますが、薬種商では、薬種商資格を持つものがいれば、扱う医薬品の制限がありますが、販売できます。



現在、薬種商試験制度で高校を卒業をしていて3年以上医薬品販売業の実務に従事していれば、各都道府県知事の認定する薬種商試験の受験資格があるのですが、この資格が2009年度より廃止されそのかわりに医薬品登録販売者の資格が新たに出来ることとなりました。これは、薬種商試験と同じく各都道府県知事の行うもので、この医薬品登録販売者試験に合格した者は、一部の医薬品について、販売できることとなります。一部の医薬品ですが、一般医薬品を1類・2類・3類と分類しその2類・3類のことを指します。具体的には、一般的な風邪薬や胃腸薬などが対象となるようです。


この制度が薬剤師の方々にとって影響が大きいと思われるのですが、今のところは、見守るしかありません。薬種商試験は、もともとは、薬局開設者が死亡し家族が引き続き医薬品販売を継続する場合の救済処置的な側面が大きかったものです。


ですから、これまでは、さして、影響はなかったんですが、今回の制度の変更は薬剤師にとって影響は大きいと思われます。さらに、欧米と比べて薬剤師の数が多すぎるとされているのも懸念材料です。

スポンサードリンク






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。